コラム-短期滞在ビザ(観光ビザ)で来日した外国人の採用手続と流れ

当社は都内で英会話教室を経営しておりますが、この度、英会話教師として採用するアメリカ人の在留資格を確認したところ「短期滞在ビザ(観光ビザ)」でした。短期滞在ビザ(観光ビザ)から在留資格変更許可申請をすれば、採用手続きとして大丈夫でしょうか?

外国人が英会話教師として働く場合、技術・人文知識・国際業務ビザという資格で勤務することになりますが、技術・人文知識・国際業務ビザが認められるには、その外国人が大学を卒業しているか、語学教師として3年以上の実務経験を有していることが必要になります。

そして、短期滞在ビザ(観光ビザ)からの在留資格変更は、やむを得ない特別の事情がなければ許可されません。そのため、一度日本から出国し、在留資格認定証明書交付申請で呼び寄せることになります。

 

QRコード
携帯用QRコード