コラム-外国人留学生と技術・人文知識・国際業務ビザでのコンビニへの就職

私は、外国人留学生ですが、この度、学生時代からアルバイトしていたコンビニに就職しないかという話が持ち上がっています。業務内容としては、レジ・接客対応がメインですが、留学ビザから技術・人文知識・国際業務ビザへ変更申請しても認められますか?

レジ・接客対応のようなアルバイトが行う水準の業務を行う場合、技術・人文知識・国際業務ビザが許可されることは、実務上ありません。

レジ・接客対応では、就職できないことになりますが、次の業務内容で就職するのであれば、許可される可能性がでてきます。

(1)経営学部出身の外国人留学生が、マーケティング担当者として就職するケース。
(2)商学部出身者の外国人留学生が経理担当者として就職するケース。


ただし、コンビニへの就職は、明確に提出資料を作成しないと、「単純就労」と誤解を受ける可能性があるため、注意を要します。