コラム-技術・人文知識・国際業務ビザと在留期間の特例措置

私は、技術・人文知識・国際業務ビザの資格で日本の会計事務所において原価計算や経理業務を中心に行っている外国人ですが、先日行った在留期間更新許可申請に対する結果が、現在の在留期限を越えても出されていません。この場合、私は不法滞在者となるのでしょうか?

従前の在留期限までに在留期間更新許可申請や在留資格変更許可申請を行っているにもかかわらず、申請に対する許可・不許可の処分が従前の在留期間満了日までになされない場合、許可・不許可の処分がなされる日又は従前の在留期間満了日から2ヶ月を経過する日のいずれか早い日まで、引き続き従前のビザをもって日本に在留することができます。

したがって、このケースでは、許可・不許可の処分がなされる日又は従前の在留期間満了日から2ヶ月を経過する日のいずれか早い日までは不法滞在とはなりません。

 

QRコード
携帯用QRコード