コラム-技術・人文知識・国際業務ビザにおける国際業務のカテゴリー

私は日本で経営学を専攻している大学生ですが、大学卒業後は、日本にある母国を取引対象とした輸入貿易会社に貿易取引を対象とした翻訳・通訳スタッフとして就職しようと考えており、その場合は技術・人文知識・国際業務ビザで申請することになるかと思います。翻訳・通訳業務を行う場合、国際業務のカテゴリーに属するものとして、大学卒業者を除き3年以上の実務経験が必要で、人文知識のカテゴリーと異なり、学歴要件は課されないという話を聞いております。そこで、私の場合は、具体的にどのような取扱いがなされるのでしょうか?

翻訳・通訳業務を行う場合、国際業務のカテゴリーに属するものとして、大学を卒業していれば通訳・翻訳に関連した分野を専攻している必要はなく、実務経験も不要です。

例えば、大卒者が通訳・翻訳業務に従事する場合、国際業務のカテゴリーに属すため、理系科目を大学で専攻していたり、通訳・翻訳に係る職歴もないようなケースでも許可される可能性があります。


 

QRコード
携帯用QRコード