コラム-外国人社員の離婚とビザの手続

私は、日本の自動車メーカーの研究開発部門において技術職として、技術・人文知識・国際業務ビザの資格で長年勤務してきました。また、私生活においては、日本人の配偶者と婚姻しております。しかし、最近では夫婦仲が悪く離婚しようという話になりました。互いに離婚については理解しており、円満離婚となる見込みです。とはいうものの、今度の離婚により、私の技術・人文知識・国際業務ビザがどうなるかについて心配です。今回の離婚において何か留意する点はありますか?

技術・人文知識・国際業務ビザのように就労内容に応じて与えられるビザで在留している場合、たとえ日本人の配偶者と離婚しても、資格該当性が失われるわけではないので、在留資格の変更等をする必要はありません。

ただし、技術・人文知識・国際業務ビザではなく、日本人の配偶者等ビザで自動車メーカーに勤務しているしている外国人が、日本人の配偶者と離婚したときは、次の対応が求められ注意を要します。

・(旧)日本人の配偶者等ビザ⇒
技術・人文知識・国際業務ビザへの変更
・(旧)日本人の配偶者等ビザ⇒別の日本人との再婚による日本人の配偶者等ビザの更新
(旧)日本人の配偶者等ビザ永住者との再婚による永住者の配偶者等ビザへの変更
(旧)日本人の配偶者等ビザ定住者との再婚による定住者ビザへの変更