コラム-外国人雇用における在留期限管理と特別受理

私は、技術・人文知識・国際業務ビザで日本の電機製品製造の会社に勤務している外国人技術者です。先日、引き続き日本に在留するため、技術・人文知識・国際業務ビザの更新許可申請をしようと準備していたところ、在留期限を経過していることに気付き、大慌てになりました。この場合、もう救済措置はないものとして、日本から出て行かなくてはいけないのでしょうか?

たとえ、在留期限を超えた後に、在留期間更新許可申請・在留資格変更許可申請がなされた場合であっても、次の要件を満たす場合には、在留期限を経過しても、申請を受理してくれる場合があります(いわゆる特別受理)。

(1)申請の遅延が天災、事故、疾病等、申請人の責めに帰すことのできない事由によると認められる場合、その他申請の遅延の事情、その他の情状から申請を受理して差し支えないと認められる場合

(2)事案の内容から、許可が確実と見込まれる場合


 

QRコード
携帯用QRコード