コラム-外国人社員のリストラによる在留資格取消の有無

私は日本の自動車メーカーに勤務する外国人で、技術・人文知識・国際業務ビザの資格により、製品開発・テスト業務に従事してきました。しかし、不運にも会社の業績が悪くなり、失職してしまいました。この場合、私の技術・人文知識・国際業務ビザはどうなるのでしょうか?

このケースでは、在留資格の取消がなされる可能性があります。なぜなら、入管法では、「正当な理由」がなく継続して3ヶ月以上、技術・人文知識・国際業務ビザで定める活動を行わない外国人については、技術・人文知識・国際業務ビザを取り消すことができるとしているためです。

もっとも、技術・人文知識・国際業務ビザで在留する外国人がリストラされて失職し、3ヶ月以上本来の在留活動を行っていない場合でも、再就職先を探すために求職活動を真摯に行っているときは、「正当な理由」があるものとして、
技術・人文知識・国際業務ビザが取り消されないで済むことがあります。

ただし、アルバイト等に専念し、再就職先を探していなければ、「正当な理由」はないものとして、
技術・人文知識・国際業務ビザの取消対象となります。