コラム-新入社員が行う単純労働と技術・人文知識・国際業務ビザ

当社は飲食業を営む会社ですが、今年になって日本の大学を卒業した外国人留学生を本社採用の総合職として、技術・人文知識・国際業務ビザで採用するつもりです。当社では、新入社員の段階では、社員教育の一環として、店舗に派遣して現場で勤務してもらっております。もし、採用予定の外国人留学生を入社後、店舗での現場で勤務させる場合でも、留学ビザから技術・人文知識・国際業務ビザへの変更申請は認められますか?

日本人の新入社員は研修の一環で現場(店舗)へ行かせることはできますが、技術・人文知識・国際業務ビザを持っている外国人の新入社員は、技術・人文知識・国際業務ビザが単純労働を認めていない在留資格のため、現場で勤務することはできません。

そのため、
新入社員研修の一環として、店舗での現場で勤務させる場合、留学ビザから技術・人文知識・国際業務ビザへの変更申請は認められないといえます。

ただし、
(1)現場で勤務する外国人の新入社員は幹部候補生としての採用であること、
(2)現場で勤務する期間が短期間であること、
(3)将来、幹部社員として適切に会社の業務を計画立案し、実行するために
は、一定程度現場勤務する必要があること

等を何かしらの書面にして、入管に説明すれば、新入社員研修の一環として、店舗での現場で勤務させる場合でも、留学ビザから技術・人文知識・国際業務ビザへの変更申請が認められることがあります。

 

QRコード
携帯用QRコード