>>リーズナブルな理由書作成のみの御依頼<<

理由書の重要性
 

在留資格の変更(ビザの変更)や期間の更新(ビザの延長)は、入管のホームページに記載されている書類を提出すれば、必ず許可されるものではなく、学歴要件・実務経験等が許可要件に合致していることを上手に説明できていないケースだと、基本的に不許可の方向に流れます。

そこで、既定の書類のみの申請では自己が許可要件に合致していることを十分に説明することが難しいと判断されるケースでは、補充書類として、「理由書」といったものが活用されます。

理由書の作成提出を通じて、自己がビザの付与に関する許可要件を満たしていることを担当審査官に明確に主張立証することが大事となります。

ただし、入管へ提出する理由書というのは、書き方に決まりがなく、人により書く内容が異なるため、作成は難しいものといえます。


 
 
 
技術・人文知識・国際業務ビザ申請代行@新宿(在留資格認定証明書・在留期間更新・在留資格変更)
 
 
理由書が使われるケース 
 
 
・ 会社等が外国人を雇用・採用する場合
「雇用側」
会社の概要、その外国人を必要とする理由、採用に至るまでの経緯、雇用条件等を記載した理由書を提出します(「雇用理由書」や「採用理由書」と言ったりします。)。

「申請人側」
自分の学歴・職歴といった経歴に関する部分、その会社に就職するのかの理由、就職までの経緯・理由等を記載した理由書を提出します。

・ 日本人と国際結婚をして来日する場合や在留資格を変更する場合
「出会い⇒付き合い⇒結婚⇒現在」 までの経緯等を詳細に書いた理由書を作成します。

これらの「理由書」を作成する場合の基本的な方針として、許可を得るのに有利となる事情・事実については全て記載し、不利な事情・事実については理由を付けて丁寧に説明するのが一般的で、当事務所の場合もそのように作成致します。

 
 
 
技術・人文知識・国際業務ビザ申請代行@新宿(在留資格認定証明書・在留期間更新・在留資格変更)
 
 
理由書の作成だけの報酬について
 
    
  正規報酬から 70% OFF !!!

 在留資格認定証明書交付申請    
 108,000円(税込)〜 
⇒32,400円(税込)〜
 
在留期間更新許可申請         
 54,000円(税込)〜  
⇒16,200円(税込)〜
 在留資格変更許可申請        
 108,000円(税込)〜 
⇒32,400円(税込)〜
 再入国許可申請             
 32,400円(税込)〜  
⇒9,720円(税込)〜
 資格外活動許可申請          
 32,400円(税込)〜  
⇒9,720円(税込)〜
 就労資格証明書交付申請       
 86,400円(税込)〜  
⇒25,920円(税込)〜
 永住許可申請            
 
108,000円(税込)〜 
⇒32,400円(税込)〜